SEO対策:レビュー SEO対策:成年コミック
まるまるまるの勝手日記2
自分が買った成年コミックその他を記録していく日記です。暇つぶしか何かの足しになればと思います。
今日は
276comic170480pt.jpg

「恋愛かがく実験」(嶺本八美 実業之友社刊)
を買いました。
いやらしいというよりHです。
この作家さんらしいソフトさとなんともいえない独特の感性があります。
特に話の作りは時々はっちゃけてしまいますが、そうでないときはこの本のように結構つぼに来ます。
「かすむ視界のむこうのあなた」は評価分かれるかもしれませんが、私は好きです。こういう話ってなかなかないですよね。なし崩しでそうなっても引く線はしっかり引いて、自分らしく行く主人公麻奈が好きです。
あと表題作と「はふり本虫記」もいいです。



スポンサーサイト
FC2公認の男性用高額求人サイトが誕生!
稼ぎたい男子はここで仕事を探せ!
デリヘルもソープもイメクラも気に入った子がきっと見つかる
超大型リニューアル中の大好評風俗情報サイト!

テーマ:成年コミック・マンガ - ジャンル:アダルト

今日は
203comic8956pt.jpg

「愛玩隷嬢」(亜麻木硅 茜新社刊)
を買いました。
刺激のない位と言ってはどうかとは思いますが、安定していますし、嫌なものはありません。
すっかりコンピューターでの作画でのタッチが独特になってきてますね。
昔の絵も好きですが今のも嫌いではないです。
「えろ妹」と「えろT」が好きです。
Tは先生のことです。内容は想像どうりです。

テーマ:成年コミック・マンガ - ジャンル:アダルト

今日買ったのは
まずは
203comic8987pt.jpg

「AQUA BLESS」(大和川 茜新社刊)です。
痴漢もの?と拘束してのHはありますが、他はOKです。
というかなかなか良いです。
初々しさ漂うものから、旅行先でのアバンチュールまで内容もさまざまですが、特に絵的にはもの凄くストライクです。
上記の話も最終的には落ち着くところに落ち着きます。
恋人同士の「とらべるとLOVEる」とアイドルとファンの「カウガール」双子の姉妹と男の子の「TWINS」あたりがお薦めです。
それから
227comic7218pt.jpg

「シたい!着せたい!脱がせたい!」(幾夜大黒堂 富士美出版社刊)
です。
これも待ってました。
息子に女装させ、息子として娘としてそして男として愛する母親、そのことに戸惑いながらも受け入れる息子雅史そしてそんな雅史を思いながらもついいじめてしまい、二人の仲に加わっていく同級生梨花の「CROSS×DRESS」がお気に入りです。
単なる女装ものといえばそうかもしれませんが、ストレートに気持ちを込めていろキャラクターたちとその描写が好きです。
その他も一切不快なものはありません。

テーマ:成年コミック・マンガ - ジャンル:アダルト

昨日買ったのは
272comic4150pt.jpg

「弟になんか感じない」(狩野蒼穹 オークス刊)
です。
全てメインは姉弟です。
双子と言うのもありますが、基本は弟にベタ惚れの姉と相思相愛の弟の話です。
それにからむ第3者というのもありますが、基本は微笑ましい位初心な姉と弟です。
描写がきついわけでも、血のつながりに悩むわけでもほとんどありません。
もちろん無理やりなものもありません。
好きだから他の人にとられたくないから、確かなつながりを持ちたくて関係を結んでいきます。
近親=NOと言う方以外はお薦めできます。

テーマ:成年コミック・マンガ - ジャンル:アダルト

今日は
269comic65592pt.jpg

「制服三昧」(問合来人 竹書房刊)
を買いました。
青年誌掲載の作品ですので、もちろん無理やりとかはありません。
すっかり癒されております。
Hでもありますし。
OL、巫女、ナースいろいろいます。
定番な話もありますが、ラブラブなのでどうでもいいです。
「愛席弁当」と「内緒の家庭訪問」あたりが好きです。

テーマ:成年コミック・マンガ - ジャンル:アダルト

今日は
「コミックばんがいち4月号」(コアマガジン社刊)「コミックRIN3月号」(茜新社刊)
を買いました。
相変わらず描写が過激なのはありますが、基本的には無理やりなものは一切なく安心して読めます。
毎月言っているかもしれませんが癒されますね。
前者では
「暖房依存症」(鈴玉レンリ)
「花屋の恋」(赤井丸乃進)
「君と手をつないで」(上杉響士郎)
「わくわく将来設計」(青木幹治)
「ヒメゴト」(嶋田りす)
がいいです。
巻末の「Punch Drunk Love」(新条るる)はだんだんテンション高くなってきてますね。
後者では
「Take me home」(瑞井鹿央)
「君だから」(虎向ひゅうら)
「Unexpected girl」(猫玄)
「オトコのせきにん」(カイシンシ)
がお気に入りです。
どんなにロリ指数高くとも、内容的には全然OKです。

テーマ:成年コミック・マンガ - ジャンル:アダルト

今日は
まず
208comic1279pt.jpg

「思春期クレイジーズ」(紺野あずれ コアマガジン社)
です。
待望の1冊、予告どおり私的今年ナンバー1を奪回しました。
表題作は主人公?園子は友達の弥生と沙耶のHに巻き込まれます。
巫女をしていると言う弥生のおかげでHはアナルHです。
弥生と幼なじみの宗俊とのそして沙耶とのHを半ば強引に見せられ、ついに園子も沙耶の弟の佐ノ介とそんな関係になってしまいます。
かいつまむとこんな話ですが、拘束はあるものの嫌なものはありません。
気持ちの入っている場合が多いと言うこともありますが、快楽にはまっていくのがわかるところがHです。
もちろん普通にHする話も登場しますが、インパクトでかき消されそうです。
絵もかなりはっきり書くのでそういうの抵抗ない方にもお薦めです。
これ以上書くと他の短編もよいのですが、1冊丸々書いてしまうのでやめておきます。
次は
208comic1262pt.jpg

「羞恥快楽」(FEENAA コアマガジン社)
です。
もう単行本は出ないかと思っていましたが、久々と言うか多分最後の1冊でしょう。
いわゆる衆人の前でと言う話も何作かあります。
ただこの作家さんらしいふたなり物と姉弟(あるいは母子)物がきちんとのっていますので、こういう描写に抵抗なければよいかと思います。
レズ指数も高めです。
私は好きです。
というよりなんかホッとすらします。
なかなかこういう書き方の作家さんはもう古いのでしょうか。
「穴があったら入りたい」と「性長期」がいいです。


テーマ:成年コミック・マンガ - ジャンル:アダルト

今日買ったのは
まずは
「ボクノアイジン(限定版)」(艶々 富士美出版社刊)
です。
話としてはとにかく2人の少年のその年上の”アイジン”たちの話です。
友人の母親、自分の母親、担任、教頭先生といった人たちが相手です。
描写が濃厚な人ですし、2対2があるくらいで不快なものは一切ないので安心して読めます。
落ち着くところに落ち着く感じですし。
難点を言えば、確かに女性も積極的なこともあるのですが、少年たちは知識も技術もここまで成熟してしまってよいのでしょうかとまで思えるところです。
それから
280comic03781pt.jpg

「誘惑制服美女図鑑」(森博巳 辰巳出版社刊)
も買いました。
こちらも結構女性が積極的な話が多いです。
年齢も余り若すぎもなく、年上過ぎでもないです。
その代わりいろんなシチュエーションが楽しめる1冊です。
絵も過激な描写はそうありません。
拘束ものが何作かはありますが、大丈夫でしょう。
「バイク便のお姉さん」と「海の女」が好きです。

テーマ:成年コミック・マンガ - ジャンル:アダルト

今日は
まずは
207comic09679pt.jpg

「あの娘は萌え便器」(妻篭いずも 久保書店刊)
です。
タイトルやこの作家さんの前作を見るといったいどのくらいダークかと心配しましたが、本当にダークなのは1作後痴漢からと言う話が1作ある他はそうでもないです。
このペンネームはダーク系かと思っていたのですが、そうでない方が多くなっています。
絵はこうなるとバリバリのロリですので、ソフトな話大歓迎です。
といっても近親物が大半だったり、妊婦ものだったり、女装した双子の男の子と男の子の3Pなんてのもありますので、ノーマルが好きな人向けかと言うと?ですね。
同級生同士の「PRISONER OF ICE」あたりはノーマルです。
後は
208comic1231pt.jpg

「アレお祓いします?」(鬼魔あづさ コアマガジン社刊)
です。
今のところ今年ナンバーワンです。
(すいませんいつまで続くかわかりません。多分今週は大丈夫だと思います。紺野あずれ先生の1冊が来ますので。)
今日子さんは巫女さんです。
学校でおこる怪事件をお祓いで解決(なっているのでしょうか)しますが、もちろんお約束な展開になります。
どちらかというと途中から登場する女装子の健太君が出てきてからは、すっかり主役級になっていきます。
女同士はありますが、ぎりぎり男同士はありませんのでご安心を。
妖怪に無理やり的な話もないことはないのですが、過度にはなっていません。
後半の短編も嫌なものはありません。
絵的にも当然白くて柔らかいのでいいです。
くどいようですがお薦めします。

テーマ:成年コミック・マンガ - ジャンル:アダルト

今日は
203comic8949pt.jpg

「UNBLANCE」(悠宇樹 茜新社刊)
を買いました。
最近の作品が集まっているのですが、よく考えたらこの出版社のですから、半分は無理やりものまたは調教物です。
こっちの出版社の作品でない方はそうでもないので買いましたが、閉口です。
家庭教師と教え子の「綾香の密約」とか同級生同士の「想い出」みたいな話もありますし、結婚した姉に昔の続きと関係を結びそしてという「記憶の弦」とか昔の恋人との「忘れたいの」(こちらはある意味ハッピーエンドです)というのもあります。
その他どうしても弱みを握って無理やり犯して後は見たいな話が続くのはどうでしょうか。
出版社の意向もあるのでしょうし。

テーマ:成年コミック・マンガ - ジャンル:アダルト

今日は
「コミックペンギンクラブ山賊版 3月号」(富士美出版社刊)
を買いました。
今回は話的にはパスはありません。
「Hな娘」(はんざきじろう)
「告白は唐突に」(ゆうきもとか)
「Complex」(猫玄)
「気まぐれな彼女」(睦月)
は安定していて、いいです。
今回は
「水着でキッチン」(伊沢慎壱)
はちょっと濃い感じがしました。

テーマ:成年コミック・マンガ - ジャンル:アダルト

今日買ったのは
「コミックMUJIN 3月号」(ティーアイネット社刊)
です。
久しぶりに買ったのは話的に嫌なのが余りなかったからです。
描写とか個々には引くようなものもあるんですが、えげつないものはないです。(感じ方もそれぞれだとは思いますが)
最近この出版社というかこの雑誌の作家さんの単行本をかなり買っていますので、慣れてきたのでしょうか?
「JOURNEYMAN」(ウエノ直哉)
「でれP!」(しなま)
「こんなに気持ちいいなんて」(さきうらら)
「噂~うわさ~」(成島ゴトー)
「トキ×ドキ」(木暮マリコ)
あたりがお薦めです。

テーマ:成年コミック・マンガ - ジャンル:アダルト

今日買ったのは
毎度おなじみBOOKOFFで
219comic37524pt.jpg

「禁姦 妹萌え」(籐茗みえる 桃園書房刊)
花蜜 花蜜
沙門 (2004/12)
松文館
この商品の詳細を見る
「花蜜」(沙門 松文館刊)
「君が存た刻」(あまゆみ 茜新社刊)
です。
紹介を細かく書くことは今回はパスします。
一言言えば皆無理やりものありますが、そうでないものの方が多いので。
話が過激なものもありますので、そこは反応は分かれるでしょう。
1作づつ薦めます。
上から順に
「愛の才能」
「MOSQUITO ARROW」
「となりのお姉さん」
です。



テーマ:成年コミック・マンガ - ジャンル:アダルト

今日は
227comic138793pt.jpg

「コミック桃姫3月号」(富士美出版社刊)を買いました。
3分の1はパスで3分の1は微妙でした。
まあこの雑誌はいつもこうなんですが。
そんな中
「神ダノミ?」(悠宇樹)
「ずっと君だけのもの」(幾夜大黒堂)
「妹よお前は要領が悪いのだから」(内々けやき)
「果乃香」(あ~る・こが)
「ガラスノヒトミー後編」(景えんじ)
といったところが安心して読めるものでしょう。
もちろん
「秘蜜-秘めたるは下弦の月」(志乃武丹英)
もお薦めです。
すこし人間関係が変わってくるみたいですね。

テーマ:成年コミック・マンガ - ジャンル:アダルト

今日買ったのは
224comic1480pt.jpg

「インセスト」(ウエノ直哉 ティーアイネット社刊)
です。
そういえば買ってなかったので買いました。
以前のペンネームの時から知ってますが、随分描写が局所的になってますね。(違ってたらごめんなさい)
輪姦もの1作の他趣味でないものもありました。
それ以外も描写の印象のせいか、決して暗い内容ではないのですが何か微妙です。
内容的には兄妹ものが多いです。
そんな中「Blood lelation」がいいです。
近親相姦ものといえばそうですが、そういう暗さはないのでお勧めです。

テーマ:成年コミック・マンガ - ジャンル:アダルト

今日買ったのは
230comic618pt.jpg

「懺悔」(藤宮博士 ジェーシー出版社刊)
です。
11作5作は見たくないものです。
そちらの描写はかなり過激というかなんというかです。
絵が白いのが、救いと言えば救いです。
そうでない話にも一癖ある話が多いです。
浮気相手を交えた3Pの「凸凹X」や浮気した旦那さんを責める「うわきの罰則」なんてのもあります。
個人的には女性漫画家と彼の「ぷろぶれむ」と姉弟の「予感」(この作品は実は・・・)がいわゆるノーマルっぽいです。
代原からデビューした方とのことですが、もう少しいろんなものが見たい気もします。
できれば甘い話で。

テーマ:成年コミック・マンガ - ジャンル:アダルト

今日買ったのは
まずは
212comic138653pt.jpg

「コミックポプリクラブ3月号」(晋遊舎刊)
です。
若干無理やり気味なのもありますが、相変わらず好みです。
「猫かぶりのホンネ」(みやもとゆう)
「憂鬱な月曜日」(綾乃れな)
「いっぽん!」(Lapis Lazuri)
がお薦めです。
もちろんラブラブです。
それから
211comic3791pt.jpg

「ふたごえっち」(雅舞羅ーL 三和出版社刊)
もです。
タイトルどおり双子や三つ子がHです。
無理やりとかはないし、絵も個人的には好きです。
特にこの本はロリ度高いです。
双子の兄妹の「ふたごえっち いつまでも」と双子の姉妹と男の子の「ふたごえっち」が好きです。
この作家さんもBee以来気にして読んでいるので、今後とも期待しています。

テーマ:成年コミック・マンガ - ジャンル:アダルト

copyright © 2005 まるまるまるの勝手日記2 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.